「手付金」と「申込金」のちがい

「手付金」と「申込金」についてクリアにしていきましょう。

これらは、物件を仮押さえしてもらうために不動産屋さんに預けるお金で、あくまでも一時的に預けるものです。

手付金」と「申込金」は、「仮押さえしてもらうために支払う」という意味こそ同じですが、その性格はちがいます。もしキャンセルした場合、「申込金」なら戻ってきますが、契約と同時に支払った「手付金」は戻ってこない場合がほとんどです。
「私は、まかりまちがってもキャンセルなどしない」と言いきれるのなら、どちらでもかまわないですが、やはり急いで行った判断は、色々とミスが多いものです。

さて、「申込金」はただ相手に預けただけのお金です。預ける前も、預けた後もあなたのお金で、契約が成立した場合は、そのお金を全額、賃料にあてることができます。また、キャンした場合(賃貸借契約を結ぶ前に限ります)は、全額が自分の元に戻ってきます。

では「手付金」の場合はどうでしょうか。手付金では、契約時の内金として理解されます。

よって、一般的には、「手数料」の一部として差し引かれたり、契約を解除した時は、「手付け流れ」という名目で全額没収されたりすることがあります。

申込金や手付金について、法律ではそのあたりをどう書いているのか確認してみると、実は契約前のお金のやり取り自体が宅建業法違反となっています。しかし、契約と同時に受領され手付金は、契約時金として法的には問題ありません。

不毛なトラブルを避けるためには、契約書を交わすまで、お金のやりとりはなるべくしないほうが望ましいといえるでしょう。もしも仮に「申込金」が返還されないなどのトラブルになった場合は、各都道府県に必ずある不動産業者とのトラブル・苦情の相談窓口にかけあってみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です